カードローンの審査に落ちてしまう人

カードローンを申し込んで、審査に落ちてしまう人には特徴や傾向があります。カードローン会社が明かさない、その特徴を口コミ情報の中から精査してまとめましたので、ご紹介します。


カードローンの審査とは何か

カードローンが普通のローンと異なる点は、担保や保証人が必要ないという所です。つまり、カードローン会社が融資するかどうかは、返済を確実に行ってくれるかどうかという点にかかってきます。この業界では、その返済能力の有無のことを「信用」と呼んでいます。そして、審査とは、ズバリその「信用の有無」を判断するということなのです。


審査で引っかかってしまう要素

では、信用のより細かい項目を見ていきましょう。返済能力で最も大事なことは、やはり返済に充てる資金が得られるかどうかです。つまり、毎月安定した収入を得ているかどうかがチェックされます。最近では、アルバイトの人でも借りられるケースも多いので、この項目では収入額というよりは、どれだけ継続して勤務してきているかという所がカギになるのではないかと思われます。また、これまで金融商品に関するトラブルがなかったかどうかの返済履歴も重要な項目になります。収入面で問題がなさそうなのに、審査に落ちてしまう人は、いわゆるブラックリストに入ってしまっている恐れがありますので、確認してみましょう。

This entry was posted in カードローン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.