カードローンの返済方法で利息が変わる?

カードローンは返済をするときに利息を支払います。利息とはお金を借りた手数料のようなものです。この手数料でカードローンやキャッシングを行っている会社は利益を出しています。クレジットカードなどで3回目の支払いから出る分割払いの利息も同じようなことになります。


カードローンの利息を減らしたい

誰もが利息を減らせるのであれば、減らしたいですよね。しかし、利息の比較を行っても大幅に金利が違う会社というのは簡単に見つかるものでもありません。また利息が少ないということは利益が少ないということになりますから、会社も利息を安易に下げることができませんよね。しかし返済の方法を少し工夫すると利息の負担が少なくなると言われています。


少ない回数で、大きな金額で返済する

クレジットカードやカードローンは、リボルビング返済という方法で返済を行うそうです。これは毎月の返済の金額が同じで、返済計画が立てやすいというメリットがあります。この返済では、利息の計算をまだ返済していないお金に対してかけていますので、返済していないお金が多いほど、利息も増える、返済した回数分だけ利息を支払うことになるのだそうです。そのため、利息の負担を軽減する返済の方法に、大きな金額で、少ない回数で返済することが挙げられているそうです。

This entry was posted in カードローン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.