カードローンの違いを知ろう

カードローンにはおおまかに分類して2種類あることをご存知でしょうか?カードローンは消費者金融が行う融資のサービスと、銀行が行う融資のサービスに分かれています。これは法律の違いで、私たち利用者にも大きく関係することがあります。クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融と同じ法律となりますので、消費者金融のルールを参考にしましょう。


消費者金融のカードローン

消費者金融やクレジットカードのカードローンの場合は、貸金業法という法律に基づいてルールが定められています。このカードローンでは、年収の3分の1を上限として、それ以上のお金を借りることはできません。総量規制と呼ばれるもので、平成18年に改正されたときに追加されたルールです。また原則として、安定した収入のない人や専業主婦がお金を借りることはできません。


銀行系キャッシングの魅力

銀行には、消費者金融ほどわかりやすい融資の上限はありません。また銀行によっては配偶者の収入があればカードローンを利用できることもあるそうです。ただし、保証会社の審査も通過する必要があることから、消費者金融よりも審査が厳しいと言われることが多いそうです。また、上限が明確にないとしても、銀行は総合的に審査をしますので、収入面が大丈夫だとしても審査に通らないこともあります。

This entry was posted in カードローン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.