カードローン審査に必要な書類とは

カードローンに申し込む際に必要なものとしては、まず最初に思いつくのが健康保険証ではないでしょうか。本人確認書類として健康保険証というのは
申し込みをする際にはとても重要な役割があります。


<本人確認書類としての健康保険証>

本人確認書類の中では非常に大切な役割を持っている健康保険証。なぜかというと、健康保険証というのは公的な証明証ですので、非常に信用度がありますし、健康保険証は本人確認はもとよりそれ以外で、たとえば、本人が働いている会社の情報が確認できるものでもあるからです。カードローンの審査ということではそれだけでも通ることができるとは言われています。


<本人確認書類の組み合わせ>

健康保険証だけでも審査が通るとはいいましたが、より確実にというと、運転免許証やパスポートのような顔の写真のついた公的証明証などを組み合わせるとがよいでしょう。いちばんいいのは健康保険証とパスポート、健康保険証と運転免許証などという、組み合わせがいちばん確実ではあるでしょう。審査にどうしても通りたいと思っている方は、このような提出の仕方をするのがとても有利です。反対に免許証やパスポートがない方は健康保険証とは別に、印鑑証明書や公共料金の領収書なことが必要なことがあります。このように健康保険証というのはカードローンに申し込む際にはとても重要な役割があります。

This entry was posted in カードローン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.